近況

 最近の仕事の状況について。相変わらず週5日、1日6時間働いている。勤務時間はこの会社に入ってから4時間、6時間、8時間といろいろやってみたんだけど、6時間が今のところ疲労しすぎる事もなく給料が少なすぎる事もなくという感じで一番バランスが取れているように思う。まぁ給料は良いに越したことはないので、もう少し余裕が出てきたら8時間に戻す事も視野には入れているんだけど、Twitterを観察していると精神障害持っている人でフルタイムで働こうとしている人ってまぁだいたい破綻して時短勤務に落ち着いて居る印象を受けるので、フルタイムはよっぽど余裕が出てきてからかなあと思っている。

 勤務場所はほぼ自宅で、週1回ある2時間の勉強会の時だけ会社に顔を出している。ここら辺の選択はネガティブな理由によるもので、感覚過敏持ちなので会社の蛍光灯まぶしい、排気口や外の車の音うるさいなどで会社に居ることが心身の負担になるのでやむなく自宅でやっているという感じ。特に蛍光灯だ、あの点滅と無茶苦茶なスペクトルはどうにかならなかったのか…。発達障害の傾向がある人で蛍光灯嫌いな人は結構居る。

 まぁ自宅も自宅で結構良い事あるけど。通勤時間ゼロだし、食費は浮いて栄養も健康的だし、疲れたらベッドで寝転がれるし、開発環境も自分の好きなように選べるし、家で何か問題が発生してもすぐ対応できるし。仮に子育てとかするんだったらまずリモートワークを選んだ方が良いんじゃないですかね。でも外的環境の変化は皆無なので(要は会社の人との会話が無い)、最近は少し寂しすぎるかな、とか思い始めている。というのは、会社の照明が LED 化されるという計画が浮上していて、もしかしたら会社にいても負担が少なくなって楽になるかもしれない、という状況になっているからだ。もしそうなったら会社に居る時間も少しずつ増やしていくのもアリかなあ。

 一人って楽なんだけどつまらないんですよ。みんなといると面倒なこともあるけど面白い。でも人が多すぎると大抵ロクでもない事しか起こらないので避けたほうが良い。

 うちの会社は勤務時間も場所も働き方も自由に選べるんですよーみたいな事をカウンセラーに言うとすごく恵まれた会社ですねとよく言われる。まぁ実際そうなんだと思う。Web 系業界全体の雰囲気として自由さはあるんだけど、うちの会社はかなり自由に振り切れてる感じがある。でももう2017年なんだし、これが世間の標準になってくれないかなあとも思う。だんだん社会がこっちの方向にシフトしていくのは間違いないんだけど、あと30年はかかるんじゃないですかね。今の若い感覚を持っている人たちが上層部に行かないと変わらないと思う。まぁうちの会社は小さくて上層部とか下層部とかいう意識すら無いから今みたいにやれていってるフシはある。

 話は変わるんだけど、プログラミングって一言でいっても実際にはその中でも細分化されていて、とにかく論理性が問われる分野があったり、論理性はいらないんだけどひたすら上手くやる為のコツが必要だったりする分野があったりする。僕が論理的な分野が得意なんだけどそれ以外がまだ苦手で、ある案件を一人で全部やると得意な分野と苦手な分野がごちゃまぜになってるから5日ぐらいかかっていた仕事があったんだけど、ちょっと耐えきれなくなって僕が苦手な分野をそれが得意な人に分担してもらったら1日ちょいぐらいで完成してしまって心底驚いた。会社トータルでみたらとてつもない時間の節約だし、余った時間で他の事ができて良い事ずくめだ。

 人生は短く、特に若い頃の時間はとても短いので、苦手を得意にする努力をする事なんかよりも、得意な事をもっと得意にする事に注力した方がよっぽど良い気がする。それでみんなで苦手な事をカバーし合っていけば上手く回るのだ。結局、向いてる人が向いてる事をやっていけばそれでいいんじゃないだろうか。

広告を非表示にする