近況

 3日前の日記の続き。

 昨日テストのつもりで30分働いて、30分休憩するサイクルでプログラミングをしてみた。

 感想としてはとても筋が良さそうだと思った。まず気になる生産性の話だが、50分働いて10分休憩するサイクルの時と変わらない。というか30分働いて30分休憩するサイクルの方が生産性が良いとまで言って良い気がする。50分も働いているとどうしても集中力が持たなくなってきてネットサーフィンをしたり社内チャットを見たりと散漫になりがちだけど、30分だと集中力が持つからかなり密度の高い仕事が出来るようになった。

 30分休憩するのも、見かけ上はベッドでゴロゴロしてスマホ見てたりするだけなんだけど、人間の脳は表面的な思考には出てこないところ、バックグラウンドの部分で物事を考え続ける性質がある。なので、事実上は休憩している間もプログラミングの問題を解き続けている(夜眠っている間にプログラミングの課題が解決した、という経験を持つプログラマは五万といる)。そうして30分休憩という名の思考時間を経て、30分の仕事という名のアウトプットに思考を全部注ぎ込むことができる。だから、「自分は1時間のうち30分しか仕事をしていない…」とか悩んだり罪悪感を感じたりする必要性がまず生じない。30分働いて30分休憩しようが、実のところきっちり1時間仕事している。

 30分間だけ働けるという時間の縛りは発達障害でいうところの過集中への対策としても優れていた。過集中ってだいたい作業時間が30〜40分経ったあたりから脳の回転が止まらなくなってきて、その後休憩することなく作業をしてしまうものだから気がついたら休憩をしていなかったせいで疲労困憊になっている、という実感があるんだけど、30分間という縛りを設けることで脳が暴走する前に作業をストップすることができる。

 30分働くという時間設定のヒントはポモドーロ・テクニックから着想を得たものだ。ポモドーロ・テクニックというのは25分間作業をして5分間休憩をするというサイクルを4回回して、4サイクルしたらちょっと長めの休憩をとるという有名なライフハックなんだけど、あれはやってみた実感としてはストイックすぎてとても持続できないという感じだ。5分だけ休憩した後必ず作業に戻るという所が鉄の心臓がないととてもできない。そこの欠点を、30分休憩するとアレンジしてあげることで、「30分休憩したし作業するか…」と無理なく作業に戻ることができた。

 30分という時間を計るのにはApple Watchを活用した。Apple Watchでは待機状態から最短2タップで30分のタイマーを設定することができるので面倒くさくないのが良い(30分用のショートカットのボタンが存在する)。これが25分だったり50分だったりするとショートカットボタンが存在しなくて設定が面倒だからそのうちやらなくなってしまうだろう。スマホのタイマーと違って腕で震えてくれるのですっと意識を転換することができるし。

 そんな感じで昨日は30分働いて30分休憩するのを無理なく6サイクル回すことができた。今まで4時間しか働けなかったのが楽に6時間働けるようになったので、どうやら筋が良い仕組みっぽい。しばらくこんな感じでやっていきたい。

広告を非表示にする