近況

 1日4時間勤務の時短勤務をするようになってから3ヶ月ぐらい経った。収入は手取りで7万円ぐらい。実家暮らしなのでこれでも黒字だから今は困っていないんだけど、実家に依存しているという点で持続可能性が薄いのでいずれはどうにかしなければいけない。

 最近スポーツジムにたまに行くようになったんだけど、ランニングマシンで最初20分に目標を設定して走ってみるんだけど10分ぐらいでバテてしまって走りきれない。そこで設定速度を歩けるぐらいの速度まで落としてみてから走ると20分走ることができた。そこにヒントがあった。

 (※以下は草案です)

 収入的に不安定なので8時間勤務に戻したい。ところで、僕の仕事のスピードは平均よりもたぶんかなり速い(ここでは発達障害でいう過集中という意味合いで言っている)。ランニングマシンでいうと速度が速すぎて途中でバテてしまう状態なんだと思う。これが非常にマズい。持続可能性が無い状態だ。なので設定速度を落としてあげることで8時間働けることを目指す。でも、性格的に全速力で働いてしまうので今の仕組みでは無理だ。そこでどうするか。

 今まで4時間ぶっ通しで働いていたのを、30分働いて、30分休むというサイクルを1日8回繰り返す仕組みに変えてみる。これでも勤務時間的には4時間だ。リモートワークでやっているので、30分休むというのは家のベッドで30分ゴロゴロしていることを指す。数ヶ月このパターンでしばらく続けて楽に8時間働く感覚をつかむ。楽に8時間働けるようになったら、40分働いて、20分休むというサイクルに変えてみる。この時仕事をゆっくりやるように注意する。そのパターンで楽に8時間働けるようになったら、50分働いて、10分休むというサイクルに変えてみる。この時さらに仕事をゆっくりやるように注意する。

 こうすることで持続可能性を持ちながら8時間働けるようにランディングさせることができるようになるのではないだろうか。いくら仕事をゆっくりやるようにしたところで多分平均ぐらいまでしか速度は落ちないだろうから職業倫理的にも大丈夫だろう。

 (※以上、草案でした)

 みたいなことを思いついた。今度病院の先生に相談してみよう。

広告を非表示にする