近況

 2007年頃というのはWeb業界にとってターニングポイントだった時代だ。iPhoneとかTwitterとかYouTubeとか、今の生活インフラにすらなっているいろんなWebデバイスやサービスが作られたり流行りだしたのがだいたい2007年ぐらいの事が多い。そんな時代の流れなのか僕が今いる会社も今年で10周年を迎えた。Webとは関係ないけど、僕が今年新しく入ったバンドも10周年を迎えて来年の1月にでかいライブをやろうとか言ってる。

 同じコミュニティを10年続けられるのってどれくらい凄いことなんだろうなあ。僕はコミュニティの運営側に立ったことってほとんどないのでその凄さがわからない。あとWeb業界で働く人の特徴として転職至上主義みたいなところがあって、「同じ会社に3年いれば長い方」とか言われるぐらい当たり前のように違う会社を渡り歩いていく。終身雇用って何?みたいな感じだ。転職する理由も「他にやりたい事見つけたから」「飽きたから」ぐらいの軽いノリの事が多い。僕もそんな感じでこの先いろんなWeb企業を巡っていく可能性の方が高いんだろう。10年同じコミュニティに居続けるという経験をする事ってあるんだろうか。

 最小単位のコミュニティと言えば家族(それも核家族)なんだろうけど、最小で2人という小さなコミュニティでさえ10年安泰に続けられるのって相当凄いことなんだろうなあと思う。統計上結婚した人のうち3人に1人は離婚を経験しているわけで。

 コミュニティを10年続けるのってどういうポイントが重要なのだろうか。中心人物の求心力によるところもあるにはあるんだろうけど、人生いろんな事が起こる訳でそれだけじゃ足りなそうだよなあ。固定されたメンバーだと息苦しくなったりするからしょっちゅう人の出入りがあるとかも大事なんだろうけど、家族の場合はそんな事言ってられないし。経済用語でビルトインスタビライザーという概念があるけど、そんな感じで誰かが苦手な事を別の得意な誰かが自律的にカバーしたり、なんかトラブルが起こっても迅速に復旧しやすいような仕組みをあらかじめ作っておくとか、そういう設計段階の思想みたいな所がやっぱり大事なんだと思うんだよなあ。

 最近知人が結婚するみたいなニュースを聞く事が重なったからこんな事を考えてしまうんだけど、結婚する人ってこういう事まで設計とか計算をしきった上で行けると思って結婚して家族になるんだろうか。どうなんだろうなあ。こんな事結婚した人に聞いてみた事もないからわからんけど。

広告を非表示にする

近況

 今日の診察で、別の薬に切り替えていく方向で主治医と合意が取れた。この間減薬したばかりなので切り替えはもう少し先のタイミングになるけど。

 これで薬の切り替えに伴って長期に渡って不安定になることはおそらく必至だろう。各方面にかなりの迷惑がかかる展開になるかもしれない。しかしそれは覚悟の上だから仕方がない。リスクを取らなければ何も変化させることは出来ない。仮に失敗に終わっても、死ぬような思いをすることになるかもしれないが、死ぬことまではおそらく無いから大丈夫だ。死ぬような思いなんてこの4年間で何度も通ってきた道だ。レールが引いてなくとも歩いて行けばどこかしらにはたどり着く。失うものはあるかもしれないが、必ず得るものも出てくるだろう。今回の挑戦はどんな経験になるのだろうか。やっていくしかない。さよならだけが人生だ。

広告を非表示にする

近況

 決して好調とは言えないけど、かといって絶不調とも言えないような日々が続いている。仕事も一旦の山場が今週終わったんだけど、ここ2ヶ月ぐらい途切れ目がなく作業が続いてしまったせいで疲れがだいぶたまっている。しばらく何もせずに休みたい。

 デスクワーク系の仕事って手が空いたら上司の人に「他にお手伝いできることありませんか?」とか言って常に何かしらの仕事を抱えているのが常識みたいなイメージがあるんだけど、僕はそういうのが苦手で、学生の頃みたいに何週間かぼーっとしている時間があってたまに1週間ぐらい頑張るとか、そういったやるやらないの波があるようなスタンスじゃないと頑張り過ぎてしまって上手く息継ぎができなくて溺れてしまう。本当は常勤の仕事向いてないんだろうなーと思う。昔はそれに加えて理想が高くて、勤務中は常に100%の力で休みなく頑張って上を目指すべきだとか思わされていたから救いようがなかった。病気になってからはそんな理想は捨ててしまえと思えるようになったからまだ良かったけど。でも完全には未だに捨て切れてないからたまに嫌悪感を抱いてしまうんだろうな。

 減薬ねー。難しいですね。減薬する前は「こんなん余裕だろ」とか思って減薬したいとか思っちゃうんだけど、いざ減薬してみると本当に色々辛くて「減薬しなきゃ良かった…」とか思うのがもう恒例の流れみたくなってきている。相変わらず薬ゼロにしたい願望は強いんだけど、いい加減この願望も捨て去らなきゃダメかなー。病院の先生方の話聞いてると諦めろって言われてるのか諦めるなって言われてるのかわからないんですよ。同じ先生でも「薬ゼロに持っていけますよ」って言われる日もあれば「年単位で飲み続けなきゃダメですね」みたいなニュアンスの事を言われる日もあったりして、どっちを信じてやっていけばいいのかわからない。いや、もしかしたら先生もわかってないのかもしれない。それぐらい精神障害は理不尽で意味不明なふるまいをする。簡単に治療できるようになるまでにはまだ100年ぐらい早い病気なのかもしれない。

広告を非表示にする

近況

 昨日はものすごい気圧の急降下で11時半まで寝ていた。タイムラインにも同じような人が結構いた。友達とも気圧だるいねーなんて話した。気圧が低くなると眠くなるってどういう原理なんだろうな。低気圧の日ぐらいたまに長時間眠るように本能的に仕組むことでバイオリズムのバランスを取ってるとかなのかな。知らんけど。

 こないだのApple Special Event( https://www.apple.com/jp/apple-events/september-2017/ )の日本語字幕が付いたのでそれをベッドで見ていた。久しぶりにOne more thingやったんだな。やっぱりこのフレーズは良いな。その繋がりでSteve Jobsの2007年の初代iPhoneの発表プレゼンを初めて見たんだけど、圧倒的だな。新概念を矢継ぎ早に繰り出すJobsと呆気に取られる観衆の図。


Steve Jobs iPhone 2007 Presentation (HD)

 

 Tim CookはOne more thingを2014年にもやってたんだな。これはカッコいい。


Apple Special Event 2014 - Apple Watch Introduction

広告を非表示にする

近況

 先週までと比べてだるくない。薬の副作用が減ったのも多少あるかもしれないけど、まあ順当に考えれば気温と湿度が下がってきたからだろう。最低気温が25度と20度じゃえらい違いなんだよな。寝ている間に体力が回復できないというのはやっぱりキツい。1年の中で暑くもなく寒くもなく、花粉も飛んでないこの約2ヶ月だけが僕の中で調子の良い季節だ。動ける今のうちに色々やっておきたい。

 僕はツイートの量と質に体調の良さが表れるタイプだ。自分のツイートのログを定期的にチェックするようにしていて、この1週間はログを見るとiPhoneとかプログラミングとかのTech系の話題をよくツイートしているけど、だいたいそういう時は調子が良い。ツイートの量が少なかったりだるいとか言ってたりする時はだいたい調子が悪い。Twitterは自分の調子を自分で確認することができるので便利だ。

 減薬して5日経ったけど特別大きな変化は見られない。もう少し様子を見る必要はあるけどたぶん減薬成功と見て良いんだろう。良かった。

 カウンセラーに「病気の自分をもっと受容して…」と頻繁に言われてるけど、心のどこかで何か納得できないのって、やっぱり薬の副作用があるせいなんじゃないかと最近思うようになった。病気があるけどもし薬の副作用がなくて困らない状態だったとしたら、文句なく病気を受容できる気がするんだよな。ネットで薬の種類を調べてたら作用機構が違って今みたいな副作用はない薬もどうやらありそうな雰囲気を感じる。こないだ新しい主治医が言ってたのってこの薬のことなんだろうか。もう病気も5年目に入って治療のどん詰まりを感じるし、リスクはあるかもしれないけれど新薬への切り替えを試してみたいという気持ちが今は強くなってきている。

広告を非表示にする

近況

 今日の診察から主治医が交代になった。ちょっと話しただけで「すごい実力者だ…」という印象を受けたのでかなり安堵している。普通の人は新任で来る別の先生に回されるところだった所を、前の主治医が今日の人を推薦してくれた流れのようで、本当にありがたい限りだ。

 せっかく交代の機会だったので薬の副作用のせいでだるいとか頭が働かないとか不満を述べてみたところ減薬になった。2mg -> 1.5mg。0.5mg刻みという選択肢もあるのか、というのを初めて知った。1mg刻みよりかはちょっとリスク回避になって良さそう。

 まあでも減薬ということに変わりはないので当分の間は慎重に生活しないといけない。しばらく勤務時間も減らそうか。減薬時は本当に何が起こるかわからない。今年の春先に2mg -> 1mgに減らした時はあからさまにおかしくなってしまって、いろんな人に迷惑をかけてしまった。当時どんな言動をしていたのかほとんど覚えていない。

 あと今日提案された新しい選択肢としては別の薬に変更する、というものもあった。リスキーではありそうだけど、なんかそれはそれで良さそうだなあ。今の薬は安定はするんだけど副作用のせいでだんだん嫌いになりつつあるし。副作用が少なくて良い感じの新薬とかないのかな。

広告を非表示にする

近況

 夏から秋にかけてはジャズフェスティバルの季節なので日本各地を回っていてかなり忙しい。リハも含めると毎週末必ず何かしらのバンド活動が生じている。1日なんかやるだけで次の日は使いものにならなくなるので、土曜日はバンド、日曜日は休養、平日は仕事みたいなサイクルで結構いっぱいいっぱいだ。こんな体調でバンド2つも入るなよっていう話なんだけど、身体を動かすことで何かしら治らないかなーとか思っているので、多少無理気味でも休まずにやっている。たぶんだけどメリットの方が上回っている。

 もう夏も終わりかけているけど、今年の夏は珍しく何事もなく乗り切れた。仕事の負担の調整がかなり上手く行ったのが大きな要因っぽい。最近は持てなそうな重さのボールが来そうだな、という感覚がなんとなくわかってきたので、持てない時は「持てません!」と即相談するようにしている。結局のところ自分の身は会社は守れなくて自分で守るしかないので、自衛する仕組みを自分で上手く作って回していくしかない。潰れてしまって働けなくなるのが最悪なので、2番目に悪い方法を選択して生きている感じだ。持続可能でなければ何も意味が無いから。

 先月はうまいことやって1日6時間働くようにした。そんなにお金使うところが無いので別にそんなに働かなくたって良いぐらいなんだけど、手取りが1桁万円よりかは2桁あると安心感があって良い。まあジャズフェスの旅費の足しにはなったから良いか。

広告を非表示にする